プロのダイエットノウハウ

2015/06/07 痩せるメカニズム 投稿者:

1日3分!呼吸だけダイエットの極意

78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_m


呼吸だけでダイエット!?

人間が朝起きてから夜眠るまで、一日の活動で何回呼吸をしているかご存知でしょうか?
一分間に平均で18回呼吸すると言われていますので、それを1日に換算すると実に2万6千回にも及びます。
そんな膨大な回数を毎日おこなっている呼吸ですが、意識して行うことによってダイエットを始めとした様々なメリットがあります。

そのメリットとは・・・

  • 腹部を中心にインナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝が上がり痩せやすいカラダになります。
  • 自律神経の働きが正常化し、ホルモンバランスが改善したり、ストレスが軽減します。

前者ですが、これからご紹介する呼吸法ダイエットを行うと、腹横筋、腹斜筋、腸腰筋、骨盤周りの筋肉が鍛えられ、代謝アップと同時に食べ過ぎ・飲み過ぎでもお腹が出ないカラダになります。
後者ですが、昼間の脂肪燃焼に有効な交感神経と、夜の脂肪蓄積・リラックスを促す副交感神経の切り替えをスムーズにしてくれます。これによって、日頃から痩せやすいカラダになり、ダイエットを強力にサポートしてくれます。

腹式呼吸と胸式呼吸

呼吸には、代表的なものとして腹式呼吸と胸式呼吸があります。

腹式呼吸とは肺の横隔膜を動かすことによって空気を取り入れる方法、
胸式呼吸とは胸の肋間筋を広げて空気を取り入れる方法のことを指します。

腹式呼吸は吐く息に重点を置いていて、副交感神経(体の疲れやダメージを回復させて心もリラックスさせる自律神経のはたらき)が活発になります。
対して、胸式呼吸は吸う息に重点を置き、交感神経(運動などの興奮状態で心臓の拍動数の速度や、汗の分泌など体を活発に活動させる時に働く神経)の活性化に繋がります。

ここからは、腹式呼吸、胸式呼吸それぞれを使った呼吸法をご紹介していきます。

ドローイン呼吸法(胸式呼吸)

まずはじめにご紹介するドローイン呼吸法ですが、英語では「draw in」、直訳すると「引っ込める」という意味になります。
これは胸式呼吸を使った呼吸法で、インナーマッスルが鍛えられ、内蔵が正しい位置へ戻ることにより、ポッコリお腹解消に繋がります。

ドローイン呼吸法

  • 立った状態で胸を張ります。この時、姿勢はできるだけ正してください。
  • お腹を引っ込めながら(draw in)、息を大きく吸いこみます。
  • お腹を更に引っ込ませるイメージで、息をゆっくり吐きます。
    この時、お尻の穴にも力を入れるようにしてください。
  • お腹をしっかりと引っ込めた状態で、30秒間キープします。
  • ①~④を10セット以上行ってください。

最初はしっかりと立った状態で行い、慣れてきたら仕事中や通勤中、家事の合間などに行ってみてください。

丹田呼吸法(腹式呼吸)

丹田呼吸法は腹式呼吸を使った呼吸法です。
最近ではロングブレスダイエットが話題になりましたが、それも実は丹田呼吸法が用いられています。
丹田とは、へその下3寸(指3,4本分)に位置し、体幹とも呼ばれています。
丹田を鍛えることにより、新陳代謝アップ、ストレス解消、腰痛・肩こりの軽減、免疫力の向上、脳の活性化など様々なメリットがあります。

  • 椅子に足を90度に曲げて座り、肩幅程度まで広げます。
  • 片手をみぞおちの辺りへあて、逆の手は持ち上げるように下腹部へ添えます。
  • この姿勢で上体を30度ほど前へ傾けながら、ゆっくりと息を吐きます。
  • 上体を前に傾けた姿勢を、息を吐ききるまで維持します。
  • 息を吐き切ったら、上体を元の姿勢に戻しながら、ゆっくりと息を吸います。
  • 元の姿勢まで戻ったら、力を抜き、リラックして軽く呼吸をします。
  • ②~⑥を10セット以上行ってください。

呼吸法ダイエットの注意点

インナーマッスルや、自律神経の改善など、様々なことに効果が期待できる呼吸法ダイエットですが、注意点をあげるとすれば、呼吸を改善するだけでは痩せないということです。
呼吸法ダイエットは、残念ながらそれ単体では体重を現象させる直接的な効果は期待できませんが、ウォーキングやジョギングなど、他の有酸素運動と組み合わせることで、その真価を発揮します。
正しい呼吸法によりインナーマッスルを鍛え、自律神経を正常化し、「痩せやすいカラダ」を手に入れることで、ウォーキングやジョギングなど、その他の運動の効果を高めることができるのです。

まとめ

  • 呼吸法ダイエットにより、腹部のインナーマッスルが鍛えられ、ウェストを細くすることができます。
  • 正しい呼吸をすることにより、自律神経が改善して、ストレス軽減や血圧の低下が期待できます。
  • 腹式呼吸と胸式呼吸があり、腹式呼吸は横隔膜を動かし、胸式呼吸は肋間筋を広げることで空気を取り入れます。
  • ドローイン呼吸法は、引っ込めるという意味があり、内臓を正しい位置へ戻し、ポッコリお腹解消に役立ちます。
  • 丹田呼吸法は丹田を意識して呼吸することにより、基礎代謝アップ、免疫力アップなど様々な効果があります。
  • 呼吸法ダイエットだけでは体重の軽減は難しいので、他の運動と組み合わせて行いましょう!

芳村達也

よしむらたつや

神戸の加圧トレーニング・ダイエットのフィットネスジム「BR-studio」の代表。
お客様一人一人のマンツーマントレーニングを年間何百件とこなし、数多くの症例・トレーニングメニューを経験した中で、効果のあるノウハウをお届けします。

インフォメーション