小顔

小顔にも運動が必要。

「むくみ」「骨格のゆがみ」が影響

BR-studioでは「あごまわりがスッキリした」「顔が引き締まったと」といった意見を頂くことが頻繁にございます。
顔の太りが運動で改善されるイメージを持っていない方も多いようですが、
「むくみ」「骨格のゆがみ」が影響しています。
「むくみ」は筋肉・運動不足でリンパの流れが悪くなることで起こります。
「骨格のゆがみ」腰や背骨といった骨格のゆがみ、姿勢の悪さが原因となり、
顔の骨格もゆがんでしまい、顔が太ふとって見えてしまいます。

「むくみ」「骨格のゆがみ」はBR-studioの運動で改善できます。

小顔のための「むくみ」を改善する必要があります。
顔に近い肩の筋肉を動かすことで、リンパの流れを改善し、老廃物が排泄されやすい状態にします。
また、骨格のゆがみや悪い姿勢、筋肉のねじれなどは、リンパの流れを妨げます。
正しい運動により、筋肉を鍛え、正しい姿勢を取り戻し、
「リンパの流れ」を改善させます。

肩甲骨を意識したトレーニング

腕の加圧トレーニングで肩甲骨を意識した運動を行う事で姿勢が改善し、血流もよくなり、
肩や首、頭皮が柔らかくなり口角が引きあがります。
あごの弛み、むくみの改善もみられます。

トレーニングの流れ

体験トレーニング

ボディケアマッサージ

インフォメーション